高速料金割引を受けるにはETC車載器とETCカードを準備

高速道路を割引料金で走るためには、ETC車載器とETCカードが必要です。ETC車載器はカーディーラーや自動車用品店で5000円から2万円程度で販売されています。購人後はクルマヘの取り付けと、クルマのナンバを登録する「セットアップ」手続きを販売店でおこなう必要があります。
一方、ETCカードはクレジットカードの付加サービスとして用意されているETCの料金決済用カード。このカードをETC車載機に差し込んで料金所を通過することで、料金がクレジットカード決済されるというものです。カード発行には1週間〜2週間程度かかるため、ETC車載機を購入する前にカード会社に申請しておきましょう。

ETC車載機

ETC車載機導入費用

ETC車載機 5,000〜20,000円程度
セットアップ料金 3,000円程度
取り付け費用 5,000〜15,000円程度

料金所のETCゲートをくぐるときに、ゲートとの間で無線通信を行って、自動的に高速料金を決済するのがETC車載器。 ETCカードを差し込んで利用する。ダッシュボードの上に取り付けるアンテナを本体に内蔵した一体型(2ヒースタイプ)と、アンテナを別にして本体を自由にレイアウトできる分離型(3ヒースタイプ)がある。

ETCカード

ETC単載機に差し込んで利用するETC料金決済専用のカード。日本の主なクレジットカード会杜が発行しており、その多くが発行手数料や利用料は無料となっている。

カードにより、クレジットカードとは別のETC専用カードと、クレジットカードと一体になったカードがある。盗難を防ぐためにETC車載器に差しっぱなしにすることは避けておいたほうがいい。また本体のクレジットカードとETCカードは別発行のものをおすすめする。写真はライフカードが発行している「ライフカードのETCカード」。

JCBドライバーズカード

年会費は初年度無料。1か月の利用金額に応じて最大キャッシュバック利用率30%!ETCカードの同時申込可能。

JCBドライバーズカードの申込はこちら

NTTグループカード

年会費は永久無料。入会で2千円キャッシュバックキャンペーン。ポイントプログラムが非常に充実。ETCカードの同時申込可能。

NTTグループカードの申込はこちら

三菱UFJニコスカード

初年度無料、翌年から年会2,000円。ゴールドカードのステータス、充実のポイントプログラム、海外保険付帯などメインカード向け。

三菱UFJニコスカードの申込はこちら