高速料金割引を受けるにはETC無線通行が大原則

ETC料金割引はETCゲートを無線通行するのが条件となります。料金所のゲートには、「ETC専用」「ETC・一般」「一般」という3種類がありますが、ETC利用の場合は前者2つを利用しなければなりません。またETC・一般ゲートは、通もし、ETCゲートが開かない場合に通行券を取ったり、料金を手払いしたりするクルマが止まることもあるため、十分注意しましよう。

もし、ETCゲートが開かない場合には、その場で停車して係員の指示を待ちます。基本的に休日特別割引などのETC割引を受けるには、少なくとも入口はETCゲートを無線通行する必要があります。入ロゲートで通信エラーがあった場合には、出口料金所でその旨を係員に伝えましょう。

ETCゲートを通行するのは基本中の基本

ETC料金割引を受けるにはETCゲートを通過する必要がある。「ETC ・一般」と表示された共用ゲートでは、先行車が停止する可能性があるため、車間距離や速度には十分注意して進入する。

2009年から開閉バーの開くタイミングが遅くなっているため、制限速度の20km/hで通過するようにしないとバーに当たる可能性もある。複数ETCゲートがある場合、どのゲートにするか迷って進路を右往左往させると、後からゲートに滑り込んでくるクルマに追突される可能性があるので絶対にしないこと。

JCBドライバーズカード

年会費は初年度無料。1か月の利用金額に応じて最大キャッシュバック利用率30%!ETCカードの同時申込可能。

JCBドライバーズカードの申込はこちら

NTTグループカード

年会費は永久無料。入会で2千円キャッシュバックキャンペーン。ポイントプログラムが非常に充実。ETCカードの同時申込可能。

NTTグループカードの申込はこちら

三菱UFJニコスカード

初年度無料、翌年から年会2,000円。ゴールドカードのステータス、充実のポイントプログラム、海外保険付帯などメインカード向け。

三菱UFJニコスカードの申込はこちら